松江歴史館

2018.02.15 平成30年度館長講座 「不昧公をめぐる人びと」※締切ました※


平成30年度館長講座の参加者を募集します。※締切ました※

松江藩松平家第7代藩主松平治郷(不昧)の没後200年という記念の年にちなみ、不昧とかかわりのある人物のお話や逸話を紹介します。
主として、不運な藩主・父 宗衍(むねのぶ)、弟・衍親(のぶちか)、息子・齋恒(なりつね)<月潭(げったん)>、不昧をとりまく茶人たち・丹波福知山藩朽木家第8代藩主朽木昌綱(くちきまさつな)・姫路藩酒井家第2代藩主酒井忠似(ただざね)<宗雅(そうが)>らを取り挙げます。

日 時:平成30年4月~平成31年3月の毎月第4金曜日 10:00~11:30
    ※年間を通じた講座です。(途中参加不可)
    ※第1回目は4月27日(金)です。
    ※講師の都合により、急遽日程変更などが発生した場合は、市報・ホームページ等で随時連絡を行います。

会 場: 松江歴史館 歴史の指南所

講 師: 藤岡大拙(松江歴史館館長)

テーマ:「不昧公をめぐる人びと」

定 員: 90名

受講料: 年間1,000円(資料代)
    ※初回受講時にお支払いいただきます。

応募方法:往復はがきに住所・氏名・電話番号を記載の上、松江歴史館までご応募ください。
     なお、往復はがき1枚につき1名(本人のみ)の応募になります。

申込締切:平成30年3月16日(金)必着

受講者決定:①応募者多数の場合、抽選とします
      ②受講の可否は返信はがき(3月末ごろ発送)によりお伝えします

その他:座席は、受講者が60名以下の場合は机使用、60名を超える場合は椅子のみとなります。

応募先:〒690-0887 松江市殿町279
    「松江歴史館館長講座係」宛

|