松江歴史館

2021.04.06 <スポット展示>国際文化観光都市70周年記念 登録記念物 嫁ケ島―若槻禮次郎が愛した島―


 昭和26年(1951)3月に「松江国際文化観光都市建設法」が公布され、松江市が国際文化観光都市となって70年になります。また、去る3月26日には、嫁ケ島が国の登録記念物(名勝地関係)に登録されました。
 現在の嫁ケ島には27本の松が生育していますが、昭和初期までは数本しか生えていませんでした。松江出身の総理大臣である若槻禮次郎が松の植樹を勧め、現在の姿になったのです。
 本展では、松江国際文化観光都市建設法制定70周年と嫁ケ島の登録記念物への登録を記念し、若槻禮次郎と嫁ケ島の松の植樹時期について紹介します。

展示シート[PDF272kb]

期間/令和3年4月6日(火)~5月30日(日)
場所/松江歴史館 基本展示室内
料金/基本展示観覧料に含む(大人510円、小・中学生250円)

|