松江歴史館

2021.02.19 <スポット展示>よみがえった瓦たち-松江歴史館を護る鬼-


 松江歴史館が建っている場所は、江戸時代には重臣の屋敷地として利用されてきました。建設前に行われた発掘調査では多数の瓦が出土しており、格式のある武家屋敷であったことが分かります。
 松江歴史館の屋根を飾る瓦は発掘調査で見つかった瓦を参考に復元したものです。復元するにあたり実際に参考とした瓦を展示し、その理由や特徴を紹介します。

展示シート[1MB]

期 間/令和3年2月19日(金)~4月4日(日)
場 所/松江歴史館 基本展示室内
観覧料/基本展示観覧料に含む(大人510円、小・中学生250円)

【お問い合わせ先】
松江市歴史まちづくり部 まちづくり文化財課 埋蔵文化財調査室
TEL:0852-55-5284

|