松江歴史館

2020.06.19 <スポット展示>松江城天守出土の塩札


特別展「松江城大解剖-城郭そして城下町-」の関連展示として、松江城天守地階から出土した塩札(松江市指定文化財)を展示します。
塩札とは、塩を入れた俵(塩俵)に付けられた墨書がある木札で、現在 40 枚確認されています。江戸時代、年貢以外の雑税である小物成(こものなり)として、日本海沿いの漁村にあたる浦(うら)は塩を松江藩に納めました。塩札の出土は、松江城に運ばれた塩俵の一部が天守の地階に備蓄されたことを物語っています。

展示シート〔PDF2MB〕

期間/令和2年6月19日(金)~7月15日(水)
場所/松江歴史館 基本展示室内
料金/基本展示観覧料に含む(大人510円、小・中学生250円)

|