松江歴史館

2017.04.21 <スポット展示>八雲塗をたどる―明治から大正―


明治時代に生まれた八雲塗は、時代ごとに変化を経て松江における代表的な工芸品となりました。
明治から大正、昭和と変化し続ける八雲塗を紹介します。

『八雲塗をたどる―明治から大正―』
期 間:平成29年4月21日(金)~5月17日(水)
場 所:基本展示室内
観覧料:大人510円、小・中学生250円

<予告>
『八雲塗をたどる―大正から昭和―』
期 間:5月19日(金)~6月14日(水)

|