特別展「古代出雲の中心地・松江」関連 山陰万葉を歩く会講演会について

2022.12.04〜2022.12.04講座


松江歴史館で開催中の特別展「古代出雲の中心地・松江」に関連して、山陰万葉を歩く会が講演会を開催されます。
『万葉集』におさめられた歌を詠んだ門部王(かどべのおおきみ)は、天武天皇のひ孫にあたり、中央での地位も高く力もあったと考えられる人物で、風土記編さんの頃に出雲国府の役人をつとめた人物でした。
出雲国府も紹介している本特別展のご観覧とあわせて、この講演会もお聞きいただくと、古代の松江がより良くわかるはずです。みなさまふるってご参加ください。

申込やお問い合わせは、益田市観光交流課(山陰万葉を歩く会事務局)までご連絡ください。

日 時 令和4(2022)年12月4日(日)13:00~16:00(受付12:30~)
場 所 松江歴史館 歴史の指南所
料 金 500円(展示観覧料込)
定 員 50人 ※要申込
主 催 山陰万葉を歩く会
共 催 松江歴史館
申 込・
問合せ
益田市観光交流課(山陰万葉を歩く会事務局)
TEL: 0856-31-0331 FAX:0856-23-4655
備 考 チラシダウンロード[PDF190KB]