松江歴史館

基本展示


松江は、出雲国、宍道湖畔に四〇〇年の歴史を刻む城下町。
国宝収蔵館松江歴史館は、当時の人びとのくらしと今も息づく城下町文化を、歴史に焦点をあて紹介します。

城下町松江のはじまり

松江城天守祈祷札

現存天守の完成時期を確認できる証(国宝 松江城天守祈祷札)

松江のまちは、松江城とともに城下町として発展しました。
松江城は、築城開始から5年の大工事により、慶長16年(1611)に完成したと言われておりました。 平成24年5月に発見された2枚の祈祷札からは、「慶長拾六年正月吉祥日」などの文字が確認され、調査の結果、地階の2本の通し柱に打ち付けられていたことがわかり、慶長16年正月以前であることが確実となり国宝化されました。

松江の系譜

真田幸村の軍扇

高橋長信の名刀

武人から雅人まで

松平松江藩の初代である松平直政が、寛永15年(1638年)2月11日 大阪冬の陣にて、敵方である真田幸村よりその勇を讃えられ、投げ与えたと伝えられている軍扇。松江の藩印の猪目紋の甲冑。幕末を代表する刀工である高橋長信の名刀。
茶の湯文化を広めた松平家7代藩主松平治郷(不昧)は、藩政を立て直した名君と称される一方で、茶の湯はもとより美術工芸や食文化の保護を行いました。茶器、菓子の形など。
堀尾三代、京極一代、松平十代の松江の系譜を展示しております。

今も残る城下町文化

茶の湯と日本の面影

松江は、京都、金沢と並ぶ菓子どころ。松江藩7代藩主・松平不昧公が極める茶の湯とともに和菓子の文化が250余年の時を経て、いまも人々の生活に息づいています。
また、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が愛した土地でもあり、小泉八雲見聞録神々の国の首都コーナーでは、実際の写真を見ながら、小泉八雲の紀行文を聞くことが出来ます。

基本展示室のご案内

松江藩政や城下町の形成、城下の人々の暮らし、藩財政を支え松江を全国有数の富裕藩にした産業などを紹介します。実物資料を展示するほか、映像や音声を使ってわかりやすく紹介します。

計画都市(城下町)松江の形成 城下に眠る家老屋敷跡 不昧が育てた松江の文化 松江城下の人々の暮らし 松江の開府 松江藩に使えた人々 藩政改革とその後の松江藩 城下町の今昔 松江藩を支えた産業 松江の息づかい 水とともに生きる