ホーランエンヤ伝承館

ホーランエンヤ伝承館


伝承館内マップ

展示室 中庭 シアター

展示室

ホーランエンヤの起源と歴史について展示。五大地(5地区の保存会)ごとの櫂伝馬船、櫂伝馬踊り、衣装などの特徴や違いを紹介します。

  • t_01

    一番船 馬潟

    初参加列は、1808年から。幟は、馬潟櫂伝馬船だけに許された紫色を用いている。

  • t_02

    二番船 矢田

    初参加列は、1818年から。宝珠を取り付けた長い棹を2本立てるのは、矢田櫂伝馬船唯一である。

  • t_03

    三番船 大井

    初参加列は、1828年から。中央だけでなく船尾にも擬宝珠があるのが特徴である。

  • t_04

    四番船 福富

    初参加列は、1838年から。船に立てる2本の棹には、それぞれ宝珠と矢車を取りつけている。

  • t_05

    五番船 大海崎

    初参加列は、1848年から。「先頭船」と書かれた幟には、櫂伝馬船の先頭を切る心意気と責任感を表している。

シアタールーム

船神事としての起源や歴史を紹介するとともに、「ホーランエンヤ」の記録映像をもとに、祭りの臨場感を大型スクリーンに再現。御輿船の無事を祝う神がかり的な櫂伝馬踊りをはじめ、ホーランエンヤの感動を伝えます。

「豪華絢爛・日本三大船神事」[5分20秒]
「受け継がれる響き」[5分30秒]

主な見どころ

  • map2__001
  • map2__003
  • map2__005
  • map2__007
  • map2__009
  • map2__011

中庭

馬潟櫂伝馬船(1/2スケール)を設置しており、踊り手・唄い手しか乗ることができない、
櫂伝馬船に実際に乗っていただけます。写真撮影スポットとしてご利用下さい。

中庭の馬潟櫂伝馬船